PROFILE - INFO - CONTACT - このサイトについて - HOME

DAYS
東城弥恵のオフタイム♪


新着

クライスラーの音楽的影響
今朝は興奮した様子で、ピアノの前に坐りながら友人ピアニストのMさんが「すっごいタイミングだったんだよ! ちょっと、話していい?」と私に。昨夜私がMさんにお電話した時、ちょうどたまたまヴァイオリニストのクライスラーのことを調べていた時だったそう。私はこのDAYSでも再三書かせていただいているようにクライスラーのファンで、彼と誕生日が同じ2月2日なことをとても嬉しく思っていることを(笑)、Mさんは長年よくご存知なので私から電話がかかってきたとき「あら⁉︎クライスラー……じゃん!」と驚いてしまったそうです(笑)。
さて、それから2人で考え推理が始まったのは、彼がパリのコンセルヴァトワールにいた2年間、在籍が重なった1人の作曲家とどの程度知り合っていたか?ということ。いろいろしばらく想像し合って楽しかったです。年齢は離れているけれど、クライスラーは若いながらかなり優秀だったため学内で注目はされていただろうから、おそらく作曲家のほうはクライスラーの存在と音楽性は知っていたと思われます。Mさんはコンセルヴァトワールが母校なため伝統的雰囲気も肌でよくご存知で、そのお話からすると2人以外の学生同士の交流からも様々にクライスラー、またその音楽については皆にいき渡っていた感じがします。しかし、2人の音楽的嗜好は全く真逆で、向いている方向が異なり過ぎているため在学中は関わる機会としては少なかったのではないでしょうか。相互に音楽的影響が強かったとは言い切れないところがあります。……こんなことを考えていくと、ワクワクしてきて、今朝は外の恵みの暖かい日差しのおかげもあり、かなり癒されましたね〜。この2人、演奏家と作曲家両者のそれぞれ極められた音楽の誕生が相互にどの程度の影響があったか?……そのロマンに1日がテンポアップしていきました。


2018.01.31 (水) [日記]





小さい頃から好きだった
写真

赤いチューリップとガーベラは幼い頃から好きでした。ずっと一緒……。

2018.01.30 (火) [日記]





歴史モザイク
写真

楽屋にもパフ類入れとして持っていくこのポーチ。今日改めて中身を入れ換えました。これは元はエアフランス ビジネスクラスのアメニティポーチで、内側がエアフランスの歴史フォトがモザイクになっていて面白く、時と距離の浪漫にワクワク……。色とデザインも元気を引き出してくれます。

2018.01.29 (月) [日記]





家族お茶
<

私の本のなかの「父娘お茶」が一番好きだとおっしゃってくださる方が結構いらっしゃいました。癒される、元気が出る、など、皆さんいろんな理由を教えてくださいましたが私には本当に、思いもよらず光栄で嬉しく、早速読み返したりして……。そうそう、この本の感想をお伝えくださる方々のなかにはこうして本中のお気に入りを挙げてくださる方もたくさんいらっしゃるそうですが、不思議なくらいそれらがあまり重なっていなかったので私にはずっとそれが新鮮でした。本当にありがとうございますm(__)m。挙がったもので今覚えているものは、「珈琲の衣裳」、「男の子」、「雨粒」、「お料理しながら」、「返事」……。……ああ、恐縮です!話がずれてまいりました(>_>)。すみません、話を戻し……、そう……そのごく普通の父娘お茶時間が私にとって他のなんにも代え難いいろんな意味の幸せを感じてきた大切な時です。育ててもらった、今は私が介護する、心優しい父との二人の時間……。ハツラツと姿勢良く太陽のように笑う父が年を重ねて言葉ではなく「弥恵、老いることはこういうことなんだぞ」と日々静かに教えてくれています。親が老いることは寂しいことだと昔は想像しては恐れてきましたが、実際は異なっていて、大まかに言うと心豊かなことでした。これはこんな年齢になってもまだ心配し続けてくれる親の愛情や周りのおかげもあり気づけたことでもあります。さて、今日はそんな「父娘お茶」ならぬ自宅での「家族お茶」でした。「父娘お茶」よりさらに「普段」ですね……(笑)。ちょうど私は体調的にも今最もチョコレートが欲しい時ですので、ゆっくり、たくさん(笑)いただきましたね~。ここのところ毎日列島冷え込んでいて心細いためもあり次の季節を待つ気持ちはクレシェンドしっぱなしです。てんとう虫の幼虫や抜け殻に、庭の梅木隣の離れ入口の木階段付近で逢える季節、早く来ないかしら……! その季節の快適さを多少大袈裟に懐かしく思い起こしながら、この赤と黄のてんとう虫のプチマカロンショコラ(フルーツガナッシュのマカロンを薄くチョコでコーティング)、奥久慈卵のプリン、苺ムース……などと共に、家族の話をたくさん聞きました(^-^)。

2018.01.27 (土) [日記]





楽屋フォト
写真 1 写真 2

一昨日の舞台後 楽屋前でのお写真、お送りくださいました。ピアノの河原忠之さん、バリトンの今井俊輔さんと。

2018.01.26 (金) [日記]





さようならし難い
昨夜はコンサートにお寒い中お運びくださり本当にありがとうございました。ピアノの河原忠之さんによる皆様のお心に近い歌満載の素敵なプログラムでした。外は特に冷えた晩でしたが、微力ながら皆様のお心を少しでも温めることができましたら、そして皆様のかけがえのない想い出にも寄り添えることができたとしたら、本当に声楽家としてこの上なく幸せです。客席から、言葉なくとも皆様のその歌に対する「想い」が伝わってくる瞬間もあり、ジーンとしたりも……。共演の、バリトン今井俊輔さん、構成・ピアノ河原忠之さん、お客様皆様とご一緒にあの時間と空間を共有できましたこと、心より感謝申し上げます。ラスト、皆様の前の舞台から「さようならし難いもの」を感じて、もう少し歌っていたくなりました(^-^)。皆様、どうぞお元気でお過ごしくださいませ。またお会いできるのを楽しみに致しております。


2018卓上カレンダー「パリ21区の犬たち」が未だ昨年から準備したまま、表紙です(笑)。めくるとどの月も愛嬌がありなにか物思う犬たちのポーズがそれぞれ魅力的なのですが、どうして1月にしないのかというと、飼い主のワインを斜めから顎をテーブルに乗せて見上げている表紙の犬のアップ写真がなかなかいい感じだからです。見る者に、「犬」という存在自体まで様々深く考えさせる表情で、この日本人写真家による名作だと思うためです。現れている撮る側と撮られる側双方のストレートな情に、やはり先ほどお話しした昨日の舞台同様さようならし難いものがあり……。昨日で今月の舞台が全て終わりましたので一区切り、来月2日の誕生日を迎えたら思い切ってこの表紙めくりたいと思います(笑)!


2018.01.25 (木) [日記]





「どのプリンセスがお好き?」
写真

本日19:00~のコンサート、皆様、お寒いなか夜ですし、会場までお越しいただく際どうかお足元お気をつけてくださいませ。今夜は長く愛されてきた都民芸術フェスティバル、愛称 「都フェス」のコンサート。今年も都フェス開催、おめでとうございます。今回、お声をかけていただいたこと、とても嬉しく光栄です。準備の日々、主催の日本演奏連盟の皆様はじめ大変お世話になりました。感謝致しております。いよいよ当日となりました! 全身全霊で歌をお届けしたいと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。
今日のDAYSは今日のこの本番でのことではなく、4日前の本番の楽屋でのことです。小さなお友達の、ピアニストのお嬢様Mちゃんが目を輝かせて入ってきて、「どのプリンセスがお好きですか?」と聞いてきました。私が「えーっとね~、ん~……プリンセスオーロラ!」と答えると……黙って何度も頷き、隣の椅子に飛び乗り机に鞄を置きなにやら取り出し、そのうちじっくり座り直し……このオーロラ姫のドレスを完成させてくれました。後でお母様に聞きましたらディズニーの全プリンセスのドレスの折り紙を持参してくれていたみたいです。細い指で一生懸命折ってくれた裾の濃淡の折り目も丁寧で、心がこもっているのがわかります(泣)。以前もビーズで作ってくれたリングをMちゃんは私にプレゼントしてくれましたが今も私の大切なお守り。Mちゃん(^-^)ありがとうね! また宝物が増えました。久しぶりに会ったMちゃん、今回は小学校の音楽のテストで「富士山」を歌って、みんなからとても好評だったお話をしてくれました。Mちゃんが声楽家になってくれると言うので「やったわ~! ……嬉しいなあ!! いつか一緒に歌ってね」と私が言ったら、「お姉さん、嬉しいでしょ? もっと元気でたでしょ?じゃあ、お歌(出番)頑張ってヨ!」と言って部屋から外へ。ああ、……かわいすぎるMちゃんの存在自体が癒しです!


2018.01.24 (水) [日記]





リアルタイム~自室薔薇
写真

皆様、この大雪の影響は大丈夫でしたでしょうか。大変心配です。外出なさる方々が事故やお怪我に繋がらないことをひたすら祈ります。どうか呉々もお気をつけくださいね!
このピンク濃淡、マット感は「程良くレディー」で見飽きることがありません。今は芯とにらめっこ。明日の舞台で着用するドレスと合いますし早速、今、爪にこの色のエナメルをのせてしまいました。


2018.01.23 (火) [日記]





啓翁桜と受験生


毎年、「早く咲くこの桜が、この時期一番辛いであろう全国の受験生の励みになればいいなあ……」と啓翁桜に「みんなのサクラサク」を願います。今日は大雪の予想が出ていて心配ですが、受験生に影響ないことを祈ります。今季もなるべく受験生に気を揉ませたりすることが起こりませんように! 電車に乗っていても地方から上京していよいよ決戦を迎える感じがよくわかる、引き締まった面持ちの受験生を見かけると私も緊張してきます。「なにか困ったことがないか?」気になります。実際、その思いが伝わるのか、電車の乗り換えについて他よく聞かれたりして……(^-^)。そんな時、役に立ててとても嬉しく「がんばって!!」とえらくリキの入る応援をしてしまいます(笑)。
写真は先日の本番ホール ロビーの啓翁桜アレンジの横顔。啓翁桜を毎年家の甕にアレンジする時間は、その年の春への期待にトクトク胸が高まり幸せですし、黄緑色の若葉とのコラボにはなんとも心安らぎ癒されます。受験生の皆さん、春はもうすぐ!! 応援しています。あと一息、頑張ってくださいね!!!


2018.01.22 (月) [日記]





瓦という存在


昨日ホールまで向かいます途中、新しく造成された幾つかの区画それぞれに南欧風住宅が増えたことに驚きました。瓦も日本瓦と異なり一枚に多色使いしているのでテラコッタ色の、独特なあの屋根の雰囲気……。以前はこのDAYSで日本瓦をはめ込んだ歩道や海鼠壁……様々な瓦使いを 時々書かせていただきましたが、先日家族が連れていってくれたお店の坪庭隅のシダとコラボした一部何気ないこんな瓦アートもいかにも和様で、ホッとするものを感じました。焼かれた瓦が用の美を超えるとは昔の人は想像しなかったことでしょう。日本史上、瓦は富の象徴だったりしましたが「瓦一枚それ自体への愛着」は一般的ではなかったと思われますから。日本に到来して以来、黙々と自らを受け容れ独自の存在で在り続けている瓦。ああ、空手で大量に割られてしまう時もありますね……。瓦といえば「鬼瓦」から「鬼」も連想します(笑)。鬼は悪者ではなく、存在としても精霊で隠仁(おに)からきていることに昔から興味を感じてきました。そう、魔除けの、平等院の鬼瓦にも会いに行きたくなりました!

2018.01.21 (日) [日記]






検索
カテゴリ
過去ログ

2022年 05月 (20)
2022年 04月 (31)
2022年 03月 (27)
2022年 02月 (24)
2022年 01月 (29)
2021年 12月 (26)
2021年 11月 (25)
2021年 10月 (28)
2021年 09月 (25)
2021年 08月 (30)
2021年 07月 (30)
2021年 06月 (31)
2021年 05月 (31)
2021年 04月 (31)
2021年 03月 (36)
2021年 02月 (32)
2021年 01月 (30)
2020年 12月 (30)
2020年 11月 (22)
2020年 10月 (25)
2020年 09月 (25)
2020年 08月 (33)
2020年 07月 (31)
2020年 06月 (30)
2020年 05月 (32)
2020年 04月 (31)
2020年 03月 (32)
2020年 02月 (28)
2020年 01月 (23)
2019年 12月 (30)
2019年 11月 (27)
2019年 10月 (25)
2019年 09月 (25)
2019年 08月 (26)
2019年 07月 (29)
2019年 06月 (35)
2019年 05月 (30)
2019年 04月 (39)
2019年 03月 (29)
2019年 02月 (29)
2019年 01月 (28)
2018年 12月 (26)
2018年 11月 (30)
2018年 10月 (28)
2018年 09月 (28)
2018年 08月 (27)
2018年 07月 (28)
2018年 06月 (26)
2018年 05月 (32)
2018年 04月 (30)
2018年 03月 (31)
2018年 02月 (28)
2018年 01月 (30)
2017年 12月 (31)
2017年 11月 (31)
2017年 10月 (26)
2017年 09月 (30)
2017年 08月 (30)
2017年 07月 (27)
2017年 06月 (29)
2017年 05月 (30)
2017年 04月 (30)
2017年 03月 (28)
2017年 02月 (28)
2017年 01月 (31)
2016年 12月 (28)
2016年 11月 (29)
2016年 10月 (28)
2016年 09月 (27)
2016年 08月 (32)
2016年 07月 (29)
2016年 06月 (27)
2016年 05月 (30)
2016年 04月 (30)
2016年 03月 (32)
2016年 02月 (30)
2016年 01月 (30)
2015年 12月 (33)
2015年 11月 (32)
2015年 10月 (31)
2015年 09月 (29)
2015年 08月 (30)
2015年 07月 (30)
2015年 06月 (32)
2015年 05月 (32)
2015年 04月 (32)
2015年 03月 (34)
2015年 02月 (28)
2015年 01月 (29)
2014年 12月 (29)
2014年 11月 (33)
2014年 10月 (33)
2014年 09月 (33)
2014年 08月 (33)
2014年 07月 (34)
2014年 06月 (35)
2014年 05月 (33)
2014年 04月 (32)
2014年 03月 (30)
2014年 02月 (25)
2014年 01月 (30)
2013年 12月 (31)
2013年 11月 (33)
2013年 10月 (34)
2013年 09月 (33)
2013年 08月 (32)
2013年 07月 (32)
2013年 06月 (33)
2013年 05月 (33)
2013年 04月 (32)
2013年 03月 (44)
2013年 02月 (30)
2013年 01月 (31)
2012年 12月 (32)
2012年 11月 (28)
2012年 10月 (31)
2012年 09月 (31)
2012年 08月 (31)
2012年 07月 (32)
2012年 06月 (28)
2012年 05月 (33)
2012年 04月 (30)
2012年 03月 (35)
2012年 02月 (29)
2012年 01月 (31)
2011年 12月 (31)
2011年 11月 (34)
2011年 10月 (31)
2011年 09月 (33)
2011年 08月 (32)
2011年 07月 (35)
2011年 06月 (28)
2011年 05月 (33)
2011年 04月 (35)
2011年 03月 (28)
2011年 02月 (28)
2011年 01月 (30)
2010年 12月 (32)
2010年 11月 (30)
2010年 10月 (30)
2010年 09月 (30)
2010年 08月 (31)
2010年 07月 (31)
2010年 06月 (30)
2010年 05月 (31)
2010年 04月 (30)
2010年 03月 (31)
2010年 02月 (28)
2010年 01月 (31)
2009年 12月 (31)
2009年 11月 (29)
2009年 10月 (31)
2009年 09月 (29)
2009年 08月 (28)
2009年 07月 (30)
2009年 06月 (29)
2009年 05月 (30)
2009年 04月 (27)
2009年 03月 (31)
2009年 02月 (29)
2009年 01月 (31)
2008年 12月 (31)
2008年 11月 (31)
2008年 10月 (32)
2008年 09月 (30)
2008年 08月 (31)
2008年 07月 (31)
2008年 06月 (30)
2008年 05月 (32)
2008年 04月 (30)
2008年 03月 (31)
2008年 02月 (27)
2008年 01月 (27)
2007年 12月 (12)

リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
RSS

あんずいろ SIMPLE LIFE