PROFILE - INFO - CONTACT - このサイトについて - HOME

DAYS
東城弥恵のオフタイム♪


新着

姪苺
___201310311043335e6.jpg

このほど小学生の姪が修学旅行のお土産に買ってきてくれた苺パイ。袋の苺の絵がまさに彼女らしいんです。母に言わせると、こういう感じの絵を彼女はよく描いていたとか。そういえばこのような苺の隣に可愛い女の子なんかも描いていた気が…‥。とにかく、この「ほんのりした控えめな赤さ」が姪の少女らしさとよく重なるところがあるのです。
これを渡してくれた姪に「ゆうか、あなたみたいよ!これ」と言うと、微笑んで目をつぶり照れて顎を軽くひいた彼女…‥。思わず抱きしめたくなってしまいました(笑)。「美味しい」と、みんなで姪の前で早速いただくと、「ああ~(溜息)、よかった!」と顔を少し紅潮させた姪。
最近、「お年頃だわ」と感じることも多くなりました(^ ^)。


2013.10.31 (木) [日記]





ロゼー独奏
かつてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサート・マスターであったアーノルド・ロゼー(1863~1946)の絶頂期である1903~09年までの独奏録音を家で愉しみました。感覚的な音の美しさも探求、音楽に強い意思を持って演奏していて…‥。それにしてもゴールドマークのヴァイオリン協奏曲イ短調OP.28一楽章アレグロ・モデラートが聴こえてきた瞬間には、録音の問題はもちろん関係なく、冒頭のセピアの音色がフルートのように胸に届き、その表現力に驚きました。これは思いもよらないところでしたが、他、ベートーベンのロマンス第二番ヘ長調OP.50はじめ、どれもロゼーならではに整えられた演奏でした! 音に盛り込んだ情報が控えめに溢れんばかり。フレーズや音相互の繋がりの意味も内に熱く…‥。

2013.10.30 (水) [日記]





台風直後の蟹
___201310301001312f6.jpg 1_20131030100132ae4.jpg

先日、電車の扉近くに立っていてあまりに綺麗な青空に、思わず空を車内から切り取り、撮。先週後半は台風27号が近づいていてずっと雨でしたから、久しぶりに本当に心踊る色で、見とれてしまいました。そして…‥直後にいただいたこの蟹、真っ赤に見えて驚きましたが、おそらくコントラスト?

2013.10.30 (水) [日記]





残った東洋美人
___2013102910521117e.jpg

漬け鮪が、あたかもなにか思わぬ効用があるように感じる麹の存在味を引き出していました。この日本酒「東洋美人」は今年の夏、山口県を襲ったあの水害から奇跡的に残ったもの。壊滅的な蔵の中、一筋の希望の光だったとか。心していただきました。そしてなにより、これからの時期の、無事な仕込みをお祈りしつつ…‥。来年は日本各地、世界各地に大きな災害がありませんように!

2013.10.29 (火) [日記]





やわらか生きる
___201310281023575bb.jpg

ウンベラータが葉に朝陽を美しく透しています。ハート型の葉を触るととても柔らかくて気持ちが安らぎ…‥。視覚的にも葉脈が瑞々しく生きていて元気をもらえます。幹の色感とあいまって周りの空間が明るいのはこのウンベラータのおかげ! umbellata、おのずと傘由来の名前だと想像できます。傘のように葉を広げるからついた名前なのでしょう。とにかく陽気です。

2013.10.28 (月) [日記]





20年前の料理本
___201310270931326d1.jpg

おせち商戦も真っ盛り、年末年始の存在感が大きくなってきましたよね。「栗きんとんはいいさつまいもをたくさんいただいたから楽しみだわ」「祝い肴各種、今年はこうやって作ってこれに盛り付けよう…‥」とワクワクしてきました。
そんななか、とっておいたちょうど20年前私が買い求めた料理雑誌がでてきました(写真)。おせちの詰め方を一工夫したいと思ったり、オードブルに使える飾り切りを得意にしたかったり、郷土色豊かな各地の正月料理に興味があったりしたあの頃の私を私自身面白がって今思い出してもいます(笑)。


2013.10.27 (日) [日記]





2013年度寒冷対策本格化
原因はそれだけではないと思いますが、昨日の、日中も晴れても気温が上がらない冷えの影響が出たのか、家族の一人が血圧が上がり気味に。様々な原因を一つ一つ考察していくと、このところ多少気を遣うことがあったこととこの冷えが思い当たる最大のものでした。絡み合っているこれらを緩和するように、昨日、秋冬の暖房器具の併用などを開始し、リラックス効果からの多少の降圧を期待しアロマセラピーとしてラベンダーとローズウッドをブレンド配合を変化つけて焚いてあげてみると…‥しばらくして数値的には上が20〜30下がり…‥。それから一日、寝るまで安定していました。安心はできませんがかなり効いたといえるでしょう。我が家の寒さ対策、今季も本腰を入れ始めました! →想像していたより早めの時期開始となりました。

2013.10.27 (日) [日記]





トアーダ
松の色感性を先日ここに書きました。今日はブラジルから「松の木の傷」という感傷について(笑)。
その世界観はカゴのなかで歌うのをやめたカナリヤ、雑草の生えた玄関、花は咲かないバラ、物音がしない小川や物干し、水を飲みに来なくなった小鳥、色あせた麻の上着などが登場し、ぼやけながらも強烈に外国映画に観られたノスタルジーを呼び起こします。それらは決して自分に近くはなくどちらかというとフィルムの中ありふれた日常中メリルストリープが恋人と一生をかけてすれ違うような場面にこそ(笑)…‥。遠く見やるシーンのようでそこに自分を置いてみることに無関心ではいられないような気持ちになるトコロです。
そうしたP.C.ピニェイロ詩のなか、ワタシは愛する人を道のほこりのなかで待っているのです。そして「松の木の傷」がワタシを泣かせ、水車の水も呼応するように泣いている描写で詩は終わり…‥。
外に出ると昨日も細かく雨が降り続いていましたが、傘を思いっきり高く掲げたら浮き上がって遠~くブラジルまで旅していけそう、でした。


2013.10.26 (土) [日記]





おっとっと!
1_201310251031300f2.jpg
2_20131025103133a3a.jpg
3_201310251031540db.jpg

今月必須本(笑)読み終わると…‥、表紙にコウモリ、本に帰り遅れて堕ちてきました!

2013.10.25 (金) [日記]





皆で咲く
___20131024113654b5a.jpg

昨日の本番でいただきましたこのお花たちに昨夜寝室へ向かう直前こんなふうに顔を近づけ挨拶をしたら、客席を思い出して自然と胸に浮かんだみなさんが次々と花になぞらえられ…‥。思わず口に出ていたコトバは「皆の夢が叶いますように! 日々の小さなことでもいいこと沢山積み重なり、その都度笑顔がそれぞれの場所で毎日最高に咲いていられますように…‥」でした。
今年もあと二ヶ月余り。2013年は皆様にとってどのような年でしたか? 冷えてまいりましたから風邪など召されぬようお過ごしくださいね。またお会いできますのを心から楽しみにいたしております。ありがとうございました。


2013.10.24 (木) [日記]






検索
カテゴリ
過去ログ

2022年 05月 (20)
2022年 04月 (31)
2022年 03月 (27)
2022年 02月 (24)
2022年 01月 (29)
2021年 12月 (26)
2021年 11月 (25)
2021年 10月 (28)
2021年 09月 (25)
2021年 08月 (30)
2021年 07月 (30)
2021年 06月 (31)
2021年 05月 (31)
2021年 04月 (31)
2021年 03月 (36)
2021年 02月 (32)
2021年 01月 (30)
2020年 12月 (30)
2020年 11月 (22)
2020年 10月 (25)
2020年 09月 (25)
2020年 08月 (33)
2020年 07月 (31)
2020年 06月 (30)
2020年 05月 (32)
2020年 04月 (31)
2020年 03月 (32)
2020年 02月 (28)
2020年 01月 (23)
2019年 12月 (30)
2019年 11月 (27)
2019年 10月 (25)
2019年 09月 (25)
2019年 08月 (26)
2019年 07月 (29)
2019年 06月 (35)
2019年 05月 (30)
2019年 04月 (39)
2019年 03月 (29)
2019年 02月 (29)
2019年 01月 (28)
2018年 12月 (26)
2018年 11月 (30)
2018年 10月 (28)
2018年 09月 (28)
2018年 08月 (27)
2018年 07月 (28)
2018年 06月 (26)
2018年 05月 (32)
2018年 04月 (30)
2018年 03月 (31)
2018年 02月 (28)
2018年 01月 (30)
2017年 12月 (31)
2017年 11月 (31)
2017年 10月 (26)
2017年 09月 (30)
2017年 08月 (30)
2017年 07月 (27)
2017年 06月 (29)
2017年 05月 (30)
2017年 04月 (30)
2017年 03月 (28)
2017年 02月 (28)
2017年 01月 (31)
2016年 12月 (28)
2016年 11月 (29)
2016年 10月 (28)
2016年 09月 (27)
2016年 08月 (32)
2016年 07月 (29)
2016年 06月 (27)
2016年 05月 (30)
2016年 04月 (30)
2016年 03月 (32)
2016年 02月 (30)
2016年 01月 (30)
2015年 12月 (33)
2015年 11月 (32)
2015年 10月 (31)
2015年 09月 (29)
2015年 08月 (30)
2015年 07月 (30)
2015年 06月 (32)
2015年 05月 (32)
2015年 04月 (32)
2015年 03月 (34)
2015年 02月 (28)
2015年 01月 (29)
2014年 12月 (29)
2014年 11月 (33)
2014年 10月 (33)
2014年 09月 (33)
2014年 08月 (33)
2014年 07月 (34)
2014年 06月 (35)
2014年 05月 (33)
2014年 04月 (32)
2014年 03月 (30)
2014年 02月 (25)
2014年 01月 (30)
2013年 12月 (31)
2013年 11月 (33)
2013年 10月 (34)
2013年 09月 (33)
2013年 08月 (32)
2013年 07月 (32)
2013年 06月 (33)
2013年 05月 (33)
2013年 04月 (32)
2013年 03月 (44)
2013年 02月 (30)
2013年 01月 (31)
2012年 12月 (32)
2012年 11月 (28)
2012年 10月 (31)
2012年 09月 (31)
2012年 08月 (31)
2012年 07月 (32)
2012年 06月 (28)
2012年 05月 (33)
2012年 04月 (30)
2012年 03月 (35)
2012年 02月 (29)
2012年 01月 (31)
2011年 12月 (31)
2011年 11月 (34)
2011年 10月 (31)
2011年 09月 (33)
2011年 08月 (32)
2011年 07月 (35)
2011年 06月 (28)
2011年 05月 (33)
2011年 04月 (35)
2011年 03月 (28)
2011年 02月 (28)
2011年 01月 (30)
2010年 12月 (32)
2010年 11月 (30)
2010年 10月 (30)
2010年 09月 (30)
2010年 08月 (31)
2010年 07月 (31)
2010年 06月 (30)
2010年 05月 (31)
2010年 04月 (30)
2010年 03月 (31)
2010年 02月 (28)
2010年 01月 (31)
2009年 12月 (31)
2009年 11月 (29)
2009年 10月 (31)
2009年 09月 (29)
2009年 08月 (28)
2009年 07月 (30)
2009年 06月 (29)
2009年 05月 (30)
2009年 04月 (27)
2009年 03月 (31)
2009年 02月 (29)
2009年 01月 (31)
2008年 12月 (31)
2008年 11月 (31)
2008年 10月 (32)
2008年 09月 (30)
2008年 08月 (31)
2008年 07月 (31)
2008年 06月 (30)
2008年 05月 (32)
2008年 04月 (30)
2008年 03月 (31)
2008年 02月 (27)
2008年 01月 (27)
2007年 12月 (12)

リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
RSS

あんずいろ SIMPLE LIFE