PROFILE - INFO - CONTACT - このサイトについて - HOME

DAYS
東城弥恵のオフタイム♪


新着

BYZANCE
68_1.jpg

使い終わったビザーンス。古代ローマ帝国の古典主義と東洋が融合したビザンチン帝国をイメージした香り…。

2008.02.29 (金) [日記]





月下美人
以前もこのDAYSで、クイーン・オブ・ザ・ナイトの香りのことを「夜の女王の香り」という題名をつけた日に書かせていただきました。今日もミドルに月下美人が香る香水を気分転換に買いました。
そういえば植物画の先生をしているお友達が「長いときには一年以上もかけて一つの植物画を描きます」と言っていました。私が「月下美人を描く時は、咲いてもすぐ閉じてしまうからどうなさるの?」と聞くと、先生は「月下美人は焼酎を少しいれた水に挿すと花が長時間開いたままでいるのです」と教えてくださいました。私は「月下美人が酔ってしまうのね…」と想像して……なんともロマンティックな気持ちになりました。


2008.02.28 (木) [日記]





紫カリフラワー2種
時期には緑のとげとげのユーロスター、オレンジカリフラワー、パープルカリフラワー(二種)、白、と5種類のカリフラワーを扱うお野菜の直売店へ。朝一時間と夕方一時間半だけ開くお野菜のお店です。
今日、わさび菜、里芋、白菜、ネギを買いました。お店の方のお野菜への愛が、とれたてのおいしいお野菜を通して伝わります。今日はありませんが、少し前あったカリフラワーについてちょっと質問すると、種の袋まで出して説明してくださいました。
面白いのは紫カリフラワー。二種類あって、茹でると鮮やかな緑になるバイオレットクインと、綺麗な紫色のパープルフラワー。サラダを作るのも食べるのも楽しくなります(^-^)


2008.02.27 (水) [日記]





異文化食マッチ
ご当地ラーメンとして室蘭のカレーラーメンは有名ですが、カレーラーメンというものを食べたことがありませんでした。お店のメニューにあった「チーズカレーラーメン」を注文する時には勇気がいりましたが、食べてみると、固め縮れ麺で、かつおだしが妙に効いてしまっているカレーうどんよりおいしかったです。
こんなふうに、全く合わないんじゃないか、と思っていた複数の食材の組み合わせが意外とおいしいことを発見することがありますよね。例えば、「チーズおにぎり」。チーズドリアがOKなのだからもっとはやくそのとりあわせに気づいてもよさそうなものなのに(本来チーズ&ご飯は好相性)、長い間おにぎりの具としては思いつきませんでした。
昨年末に偶然「カルボナーラきしめん」をいただいてから「なんでも試しておもしろがってみたいな」とさらに思うようになり、今回チーズカレーラーメンにトライしてみたわけです。本来ミスマッチに思える食材の意外においしいとりあわせを自分でももっと発見していきたいです。オススメがありましたら、是非教えてくださいね!


2008.02.26 (火) [日記]





雛段飾り
64_1.jpg

おひなまつりのお菓子

2008.02.25 (月) [日記]





アフロディテ
昨日のDAYSに載せた蝶々はベニシジミ(英名The Small Copper)ですが、図鑑で詳しく調べると、属名Lycaenaといい、ギリシャの女性の名前で、別名、アフロディテだそうです。ギリシャ神話の愛と美の女神の名前をもらっているとは名誉ですね(笑)!
ちなみに亜種名daimioは日本語の「大名」。お殿様の雅な着物の色柄にも見えますものね。それにしても外は今日も昨日同様、物凄い強風です。あのベニシジミは大丈夫かしら。飛ばされそうになっているのではないかしら…。心配です(T-T)


2008.02.24 (日) [日記]





ウォーキング中に
62_1.jpg 62_2.jpg

そこここに紅梅が咲き乱れ、写真のように菜の花がもう咲き始めていました。最近、春の足跡をたくさんみつけます!。
この蝶々ったらこんなに近づいても全然逃げませんでしたよ(^-^)


2008.02.23 (土) [日記]





肌レシピ
「なんでもセルフな時代になったのね」と感心したのは、自分で自分の肌状態を見て、その時々に合わせて数種類の美容成分の原液をブレンドして使う化粧品。ガソリンも、「やっぱり危険物だから…」と今だにセルフでは怖がって入れない私。自分自身で化粧品を配合するなんて考えつきませんでした。
パンフレットで肌悩みに対し、エッセンスの組み合わせレシピ例も豊富に教えてくれてあります。たしかに、生まれ持った肌質ばかりでなく、同じ人でも季節によって、また毎日の体のサイクルや生活により肌は微妙に変わるから理屈にあっているのかもしれませんね。合うものを状態に合わせた量を自分で判断して使いこなせればいいのでしょう。驚きました。
24種類のエッセンスの小瓶が、たまにのぞくアロマのお店にズラリと並んでいました。化学実験室の棚のようでちょっとワクワクしました。


2008.02.22 (金) [日記]





母の木彫
60_1.jpg

世の中で一番パワフルなものは「母の愛」でしょう。その母が手づくりしてくれたものには底知れないパワーが宿っていて、いつでも心を支えてくれます。
よく家族で話すのですが、食べ物にしても私の母は私が子供の頃、一度もできあいのお店のお惣菜を食卓にのせることはありませんでした。ですから大人になり初めて食べたお店のお惣菜が妙に珍しく感じたのをよく覚えています。
この写真は私が中学生の時、母が彫ってくれたものです。この三倍以上はある大きさの箪笥も、同じモチーフで彫ってくれました。母、妻、嫁として完璧で優しい母が、微笑みながら黙々と彫刻刀を動かしている姿が今でもはっきり目に浮かびます。力が弱いので肩も使って彫刻刀を押し出すように彫っていました。母の作品には母の明るさと豊かな創造力、そしてなにより家族への愛が痛いほど感じられます。私の背丈よりずっと長い鏡も母の作品ですが、映っている私はどんな時も平常心でいられそうなのです(^-^)。


2008.02.21 (木) [日記]





橋本雅邦展
大規模なものは約18年ぶりだという橋本雅邦展へ。
今年は没後100年です。横山大観、菱田春草らも育て、近代日本美術史に大きな足跡を残した雅邦。雅邦が明治20年代後半から唱えた「心持ち」というのはモティーフの形態にこだわるより心の在り方を表現しようとするものでした。
狩野派から抜けだせなかった、と言われる向きもありますが、確かに「雷神」などには「心持ち」がみられて興味深かったです。空間の雰囲気の表現のしかたとか、精緻な筆線一本への気の込めかたは「技」とともに「やっぱり素晴らしいなあ」と感動しました。
雅邦の作品を水野美術館はじめ、これまで他でもいろいろみていましたが今回はとくにそう思いました。また、今までは購入するのも油絵ばかりだったのが(勿論、油絵もいいですが)、ちょうど3日前には清水規の原画を見せていただく機会があったり、日本画の美しさとこめられているものにあらためて尊敬に近い想いを抱いているこのごろです(^-^)。


2008.02.20 (水) [日記]






検索
カテゴリ
過去ログ

2022年 05月 (20)
2022年 04月 (31)
2022年 03月 (27)
2022年 02月 (24)
2022年 01月 (29)
2021年 12月 (26)
2021年 11月 (25)
2021年 10月 (28)
2021年 09月 (25)
2021年 08月 (30)
2021年 07月 (30)
2021年 06月 (31)
2021年 05月 (31)
2021年 04月 (31)
2021年 03月 (36)
2021年 02月 (32)
2021年 01月 (30)
2020年 12月 (30)
2020年 11月 (22)
2020年 10月 (25)
2020年 09月 (25)
2020年 08月 (33)
2020年 07月 (31)
2020年 06月 (30)
2020年 05月 (32)
2020年 04月 (31)
2020年 03月 (32)
2020年 02月 (28)
2020年 01月 (23)
2019年 12月 (30)
2019年 11月 (27)
2019年 10月 (25)
2019年 09月 (25)
2019年 08月 (26)
2019年 07月 (29)
2019年 06月 (35)
2019年 05月 (30)
2019年 04月 (39)
2019年 03月 (29)
2019年 02月 (29)
2019年 01月 (28)
2018年 12月 (26)
2018年 11月 (30)
2018年 10月 (28)
2018年 09月 (28)
2018年 08月 (27)
2018年 07月 (28)
2018年 06月 (26)
2018年 05月 (32)
2018年 04月 (30)
2018年 03月 (31)
2018年 02月 (28)
2018年 01月 (30)
2017年 12月 (31)
2017年 11月 (31)
2017年 10月 (26)
2017年 09月 (30)
2017年 08月 (30)
2017年 07月 (27)
2017年 06月 (29)
2017年 05月 (30)
2017年 04月 (30)
2017年 03月 (28)
2017年 02月 (28)
2017年 01月 (31)
2016年 12月 (28)
2016年 11月 (29)
2016年 10月 (28)
2016年 09月 (27)
2016年 08月 (32)
2016年 07月 (29)
2016年 06月 (27)
2016年 05月 (30)
2016年 04月 (30)
2016年 03月 (32)
2016年 02月 (30)
2016年 01月 (30)
2015年 12月 (33)
2015年 11月 (32)
2015年 10月 (31)
2015年 09月 (29)
2015年 08月 (30)
2015年 07月 (30)
2015年 06月 (32)
2015年 05月 (32)
2015年 04月 (32)
2015年 03月 (34)
2015年 02月 (28)
2015年 01月 (29)
2014年 12月 (29)
2014年 11月 (33)
2014年 10月 (33)
2014年 09月 (33)
2014年 08月 (33)
2014年 07月 (34)
2014年 06月 (35)
2014年 05月 (33)
2014年 04月 (32)
2014年 03月 (30)
2014年 02月 (25)
2014年 01月 (30)
2013年 12月 (31)
2013年 11月 (33)
2013年 10月 (34)
2013年 09月 (33)
2013年 08月 (32)
2013年 07月 (32)
2013年 06月 (33)
2013年 05月 (33)
2013年 04月 (32)
2013年 03月 (44)
2013年 02月 (30)
2013年 01月 (31)
2012年 12月 (32)
2012年 11月 (28)
2012年 10月 (31)
2012年 09月 (31)
2012年 08月 (31)
2012年 07月 (32)
2012年 06月 (28)
2012年 05月 (33)
2012年 04月 (30)
2012年 03月 (35)
2012年 02月 (29)
2012年 01月 (31)
2011年 12月 (31)
2011年 11月 (34)
2011年 10月 (31)
2011年 09月 (33)
2011年 08月 (32)
2011年 07月 (35)
2011年 06月 (28)
2011年 05月 (33)
2011年 04月 (35)
2011年 03月 (28)
2011年 02月 (28)
2011年 01月 (30)
2010年 12月 (32)
2010年 11月 (30)
2010年 10月 (30)
2010年 09月 (30)
2010年 08月 (31)
2010年 07月 (31)
2010年 06月 (30)
2010年 05月 (31)
2010年 04月 (30)
2010年 03月 (31)
2010年 02月 (28)
2010年 01月 (31)
2009年 12月 (31)
2009年 11月 (29)
2009年 10月 (31)
2009年 09月 (29)
2009年 08月 (28)
2009年 07月 (30)
2009年 06月 (29)
2009年 05月 (30)
2009年 04月 (27)
2009年 03月 (31)
2009年 02月 (29)
2009年 01月 (31)
2008年 12月 (31)
2008年 11月 (31)
2008年 10月 (32)
2008年 09月 (30)
2008年 08月 (31)
2008年 07月 (31)
2008年 06月 (30)
2008年 05月 (32)
2008年 04月 (30)
2008年 03月 (31)
2008年 02月 (27)
2008年 01月 (27)
2007年 12月 (12)

リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
RSS

あんずいろ SIMPLE LIFE